ちょっと深い美容皮膚科の施術
赤ら顔や色素沈着といった肌トラブルに有効

赤ら顔や色素沈着といった肌トラブルに有効!話題のBBL治療とは?

肌トラブルの治療としてメジャーな方法がレーザー治療ですが、施術の際に痛みを感じることやダウンタイムの長さがデメリットと言われていました。しかし今話題のBBL治療は、レーザー治療と比べて痛みやダウンタイムが限りなく少ないため、気軽に施術を受けられると好評を博しています。そこで今回は、そんなBBL治療の特徴やメリットをご紹介します。

レーザー治療とBBL治療の違いとは?

赤ら顔や色素沈着の施術に用いられる方法として有名なのがレーザー治療ですが、肌への負担がやや強い傾向にあり、ダウンタイムも必要とします。一方でBBL治療は肌へのダメージが最小限に抑えられ、ダウンタイムも少ないという特徴があります。レーザー治療とBBL治療はそれぞれ光の照射時間(パルス幅)や波長が異なっており、その違いが肌への負担や施術の効果などに影響しています。BBL治療の光はパルス幅と波長が比較的長いので熱が肌全体に広がりやすく、赤ら顔や色素沈着を効率よく改善できます。また、シミやアザの治療に特化したレーザー治療とは異なり、BBL治療はいくつもの肌トラブルへ同時に作用するため、肌質の若返りや小じわ改善など複数の効果を一度に期待することが可能です。

痛いのが苦手な人でも安心!

痛いのが苦手な人でも安心レーザーや光治療で気になるのが痛みの有無ですが、BBL治療はダウンタイムが少ないだけあって、痛みもレーザーに比べれば少ない方だと言われています。人によっては患部に温かさを感じる程度だったり、輪ゴムでパチンと弾かれたような軽い痛みを感じたりするようです。それでも麻酔が不要なレベルの痛みであることは間違いないので、痛みに敏感な人であっても過度に心配する必要はないでしょう。

いつまでも若々しい肌を維持したい人におすすめ!

BBL治療は赤ら顔や色素沈着、シミやニキビといった複数の肌トラブルを抱えている人に最適な施術方法です。肌への負担が少なくダウンタイムも短いので、長期の休みが取れない人にもおすすめです。BBL治療を受けることで肌質が改善されるため、小じわが減ったり肌にハリやツヤが戻ったりする場合があります。BBL治療でいつまでも若々しい肌を保ち続けましょう。