ちょっと深い美容皮膚科の施術
日焼けで黒くなった肌の改善なら美容皮膚科のUV対策治療がおすすめ

日焼けで黒くなった肌の改善なら美容皮膚科のUV対策治療がおすすめ

紫外線は肌に悪い影響を与えることで知られていますが、夏のレジャーやスポーツに参加するときはつい油断しがちです。日焼け対策には、スキンケアを丁寧にすることが大切ですが、より早く肌を回復させるなら美容皮膚科による治療も考えていきたいところです。ここからは、美容皮膚科ではどのような治療が行われているのかを書いていきます。

紫外線が肌に与える影響と正しいUVケア方法

日焼けによる肌のダメージを回復させるなら日焼けして小麦色になった肌は健康的なイメージがありますが、実際には肌は火傷に近い状態になっていますので肌には大きなダメージを与えてしまいます。紫外線のほとんどの部分を占めるといわれるUV-Aは肌の真皮まで侵入し、しわやたるみなどの光老化を引き起こします。さらに、UV-Bは日焼けの原因となり、しみやそばかすを引き起こすのが特徴的です。夏場は特に紫外線が強いというイメージがありますが、紫外線は年間を通して降り注いでいますので、年間を通してのUVケアが必要です。

日焼けによる肌のダメージを回復させるなら

日焼けは肌に悪いことは知られていますが、油断して肌を焼いてしまう人も少なくありません。紫外線対策をきちんとすること、焼いてしまった場合は保湿や美白ケアなどのスキンケアを丁寧にすることも大事です。美容皮膚科では、より優れた効果を得られる治療が提供されています。薬を使う治療から光やレーザーを使う治療など幅広く用意されています。肌の状態に合わせて最適な治療を選び、きれいな肌へと改善させましょう。